本文へスキップ

Syrup|女性の「心の元気」と「自分らしい生き方」をサポート

電話でのお問い合わせはTEL.080-8496-8778

山梨県韮崎市富士見/出張・訪問にて営業中

プロフィールprofile

自己紹介

プロフィール写真

Syrup 甘利 緋呂子

・メンタルケア心理士
・コピーライター
・セミナー講師


運命数33・水瓶座 → 奇人変人、だけど愛の人

食べることと料理、コーヒーと猫が好き。
文章を書くこと、デザインをすること、パソコン作業が好き。

性格的には基本短気で、コスパと、結果を早く出すことを最優先するタイプ。
自分に嘘をつかない生き方を選んでいるせいか、協調性は薄い。

「感情」「意識」「行動」などの「その人だけのもの=オリジナル」にこだわり、「自己表現」として自由に発信することを大切にしている。

興味があることは浅く広く学び、本やネットを使った独学だけでなく、都内などのセミナーへたびたび出かけては知識欲を満たしている。


こんな感じで現在に至る


子供のころから、人に理解されない、誤解されやすいタイプだった。

残念ながら両親からは好かれず、個性を否定、抑圧される生き方を強いられていたため、自己肯定感や自己評価が極端に低いまま成長。

「変わり者」ゆえ、周囲と上手くいかずに、誰といても何をしていても「居場所がない」「生きにくい」と感じていた。


2007年に、職場のストレスとペットロスが原因で、うつ病を発症。

その後しばらくうつ病の再発に怯えながら過ごしていたが、ある日、「うつ病になった原因は自分自身の心の何かが原因じゃないのかな?」と疑いを持った。

それがきっかけとなり、「自分の中のうつ病になるスイッチを破壊する」ための「自分探し」をスタート。

自らが相談者となり心理カウンセリングや様々なセラピーを経験したことで、いつしか「私が経験した苦しみが誰かの役に立つのかもしれない」と考え、2009年にメンタルケア心理士資格を取得。


メンタルケアの仕事をしながらも、生活費のために派遣社員として働くといったダブルワークを選んできた。

また、認知症を発症した母親の介護、歩行困難等多くの病気を抱える父親の生活のサポートをしながら、病気の家族と同居する苦悩も体験。


ここ数年間、社会で働き、仕事と、多くの人と関わる中で、壁にぶつかりながら、気づき、学び、自分らしく生きることを模索。

結果として、神経質でストレス耐性が低いことを自覚し、常に「ストレスが無い、ストレスが少ない方を選ぶ、ストレスを手放す」ことを意識して生活している。


現在は、信頼できる仲間達と関わりながら、「自分がしたいこと」「自分にできること」をお客様に提供し、「自分らしさ」を形にしていくことで喜びを得ている。


取得資格

・メンタルケア心理士
・ヘルスマネジメントU種
・JCLTA認定 ヒューマンカラーアナリスト
・JPHAA認定 パステル和(NAGOMI)アート正インストラクター
・カードセラピスト(セルフセラピーカード)
・ヒプノセラピスト(ABH:米国催眠療法協会認定ライセンス取得)

日本精神技術研究所主催 アサーション(コミュニケーションスキル)トレーニング基礎ー理論コース研修終了


※講師活動経歴・講師登録


猫





shop info店舗情報

セラピールームSyrup


山梨県韮崎市富士見/出張・訪問
不定休・完全予約制

TEL.080-8496-8778
メールフォームリンクボタン

男性でセッションを希望される方はお問い合わせください。